雑記

雇用保険の過少給付、どんな人が追加給付の対象となる?手続きなど

 

どうも、ねこぶちまるです。

1月9日、2004年以降の*雇用保険関係の過少給付が明らかになりましたね。

毎月の勤労統計調査が不適切だったことが原因らしいですが10数年も積もり積もった結果、数百億円超もの金額が給付されていないとのことでした。

*雇用保険、労災保険、船員保険の大まかに分けて3種類です。

国は過去に遡って追加給付を実施するとのことですが、具体的にどういう方が対象なのか?

どうすれば良いのか?

保険の中身も種類がたくさんありますし、よくわからないですよね。

受給中ならまだしも、過去に受給したとかだとわざわざ確認も面倒です。

私も現在進行中で雇用保険の基本手当を受給中ですし、過去にも受給をしていたわけですが2004年8月(労災保険は7月)以降でしたのでそちらも見事にビンゴ。

他人事ではないこともあり、今回は雇用保険の追加給付について調べてみました。

 

*他の保険も含めてスクショしてありますので雇用保険部分は赤枠で囲ってます。

追加給付の対象となる可能性がある方

厚生労働省のホームページより

↓で該当する方々が、追加給付対象になる可能性があるわけですね。

まだ調査中なので、実際に対象かどうかは現時点では分かりません。ハローワークで聞いてみましたけど、私自身もどうなのか分かりません(´・ω・`)

じゃあ、ただ調査を終えるのを待っていればいいのでしょうか?

対象者には通知を郵送予定

保険の種類によって、または現在受給中か過去に受給していたかで通知される時期が変わりますね。

過去の育児休業給付のみ、他の雇用保険より通知の時期は早いみたいです。(支払い時期は一緒のようです)

対象から外れた方には通知はされない予定なので、時期がきたのに待てども暮らせど通知がこなかったらそういうものだと思っていただいていいと思います。

当選者の発表は発送をもって替えさせていただくスタイルですね。

ただ、雇用保険については

3月中をメドに、御本人が自らの受給当時の賃金日額や受給日数、給付内容を入力すれば、追加給付の対象となるかどうか、また、追加給付額の大まかな目安をお示しできるようなツールの開発・公開を検討しているところですので、お待ちいただきたく存じます。

とのことなので来月にご自身で調べられるかも知れません。

受給中の方は新たに手続きは不要

通知があり、現在受給中の方であれば普段通りハローワークに通っていただければ説明を受けて支払いされます。

過去に受給された方は通知が届いたら振込先を伝えるといったひと手間があるようですね。

必要ではないが保管しておくとベターなもの

私なんかは現在受給中なので受給資格者証がありますね。

まぁ必須ではないのですから、手元にある方は念のため保管というレベルでいいでしょう。

 

しめ

より詳しく知りたいは、厚生労働省のホームページにて確認していただければと思います。

黒枠部分をクリックしていただければ今回の問題の詳細ページへ飛べます

1回の受給の平均額は1400円ほどらしいのでひとりひとりで考えると大した額ではないですけど、まぁ貰わないよりはね?(´・ω・`)